以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

ブログ記事の情報を整理!同じような項目は1つの記事にまとめよう!

目安時間 9分

こんばんは!タケウチです!

 

 

今日もメールを開封していただき
ありがとうございます!

 

 

今日のメルマガでは

僕のスクールでの講義で

 

『めっちゃ勉強になる!』

『他の場所では聞いたことがない!』

 

と言われた内容を

お話させていただきますね。

 

 

余計な項目を書く手間を省ける上に

ブログの評価も上がりやすくなるやり方なので

あなたのブログにも取り入れてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

何かのジャンルに集中して記事を書いていると
そのジャンルの商標記事を複数書くことになりますよね。

 

 

※商標記事:特定の商品を紹介する記事と定義

 

 

 

その際に、『どの商品でも共通する内容』が
出てくることは結構多いのですが

全ての記事に同じような内容を書くのは
あまりおすすめ出来ません。

 

 

ちょっと分かりにくいと思うので
具体例をあげてみます。

 

 

 

例えばあなたが、光回線のジャンルに集中しているとして
”〇〇光”の商標記事を量産しているとしましょう。

 

 

※”〇〇光”=サービスの名称

 

 

 

この際に、『光回線Aの料金』とか
『光回線Aの口コミ』とかの情報は
そのサービス固有のものになるので

 

『光回線A』と『光回線B』の記事で
内容が異なるはず。

 

 

それに対して『光回線Aが遅い場合の対策』
みたいな内容って"光回線Aでも光回線Bでも同じような内容"
になってしまうんですよね。

 

 

光回線Aの商標記事では

 

h2:光回線Aが遅い場合の5つの対策
h3:対策①:
h3:対策②:
h3:対策③:
h3:対策④:
h3:対策⑤:

 

こんな内容を書いて

 

 

光回線Bの記事でも

 

h2:光回線Bが遅い場合の5つの対策
h3:対策①:
h3:対策②:
h3:対策③:
h3:対策④:
h3:対策⑤:

 

こんなふうに書く。

 

 

これが絶対にNGだとは言いませんが
僕だったら別のやり方をします。

 

 

 

”光回線が遅い場合の対策”という
別の記事を作成してしまって
光回線Aや光回線Bの記事から
そちらの記事に内部リンクを送る形です。

 

 

光回線Aや光回線Bの商標記事では
5つの対策があることを簡単に紹介。

 

 

 

もっと詳しく書いてある記事がほかにあるので
必要に応じてそちらをチェックしてみて下さいね。

 

という形でコンテンツを作成します。

 

 

これの何が良いかというと
同じような内容を何度も繰り返し書く必要がないこと。

 

 

また、”光回線が遅い場合の対策”という記事に
内部リンクが集まるので、この記事の評価が
上がる可能性もあるでしょう。

 

 

光回線Aや光回線Bの記事がすっきりするので
訪問者にとって見やすい形になるのも一つのメリット。

 

 

さらに言えば、不必要なカニバリを
避けられる可能性が高いんです。

 

 

※カニバリ(カニバリゼーション):コンテンツが重複することにより
記事が評価を受けにくくなってしまうこと

 

 

 

光回線Aの商標記事に
5つの対策をそれぞれ記載してしまうと

 

光回線B、光回線Cと商標記事が増えていけば
同じ内容を書いている記事が
複数存在することになってしまいます。

 

 

その結果、どの記事を一番評価するべきか
Googleが混乱してしまうため
どの記事も評価を受けにくくなってしまう
恐れがあるんですよね。

 

 

”光回線が遅い場合の対策”という記事を書き
商標記事では5つの対策を書かないようにすれば

 

”光回線 遅い 対策”というキーワードでは
”光回線が遅い場合の対策”という記事が
最も評価を受けやすくなるはず。

 

 

なぜなら”光回線が遅い場合の対策”について
一番詳しく書いている記事が1記事しかないからです。

 

 

 

なお、教科書的にはこれでカニバリを避けれるはずですが
Googleが教科書通りに評価してくれるとは限らないので
"カニバリを避けられる可能性が高い"という
曖昧な言い方になっています。

 

 

100%カニバリを避けることはできませんし
Googleが謎の動きをすることは結構あるので
その場合はおとなしく様子を見ることにしましょう。

 

 

 

以上をまとめると
同じような内容に複数の記事で触れるのは避け
共通する内容を別の記事にまとめ内部リンクを送る。

 

 

その形の方が記事を書きやすくなりますし
カニバリのリスクも減らせるはずですよ!

 

 

 

今日も最後まで
メールを読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

次回のメルマガをお楽しみに!

 

 

 

 

 

竹内 洋平

 

 

 

 

 

PS.
今日のメルマガってちょっと難しかったですか??

 

 

スクールでのアドバイスから派生させて
メルマガを書いてみたのですが

 

 

スクールのメンバーさんはレベルが高くて
僕のアドバイスも上級者向けみたいな感じに
なってしまうんですよね。

 

 

良かったらアンケートに協力いただけると
嬉しいです。

 

 

どちらか一方のリンクを
クリックしていただけたら助かります。

 

 

難しかった
https://www.yahoo.co.jp/

 

 

ちょうどよかった
https://www.google.com/

 

 

※検索エンジンのTOPにジャンプします。

トラックバックURL: 
運営者プロフィール

タケウチ

タケウチ

当サイトを運営しているタケウチです。 2009年からブログ・サイトアフィリエイトを始め1000以上のサイトを作成。 SEOのみで最高月収700万円達成。 ブロガーさん向けのオンラインスクールを運営中。

最近の投稿
カテゴリー