以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

1分でできる!ブログ記事の見出しの改善方法

目安時間 4分

こんばんは!タケウチです!

 

今日もメールを開封していただき
ありがとうございます!

 

今日のメルマガでは
ブログ記事の見出しの話をします。

 

1分で理解できる上に
見栄えをよくする効果が高い!

 

そんな内容をお届けしますね。

 

見出しタグはテーマによって変わりますが
h2とh3で見出しを作ることが

ほとんどだと思うので

・大見出し:h2
・小見出し:h3

この表記で統一して
お伝えしていきます。

 

h2は抽象度の高い言葉
(方法、理由、メリットなど)

 

h3は具体的な言葉

 

こうやって考えておけば
ほぼ間違いないのですが
"h3に統一感がない記事"を見ると
もったいないって思ってしまいます。

 

例えば
h2:〇〇Wi-Fiをおすすめする理由
だったとして

 

h3:理由①:月額料金が安いから
h3:理由②:通信速度が速いから

こんな風になっていたとします。

 

ここまではOKなのですが

 

h3:理由③:容量に制限がないこと
h3:理由④:日本全国どこでも対応しています!

 

みたいになっていたら
ちょっとチグハグな感じしますよね。

 

理由①~④を並べてみると

 

h3:理由①:月額料金が安いから
h3:理由②:通信速度が速いから
h3:理由③:容量に制限がないこと
h3:理由④:日本全国どこでも対応しています!

 

うん、ちょっと違和感あり。。

 

この見出しをちょっと添削すると

 

h3:理由①:月額料金が安いから
h3:理由②:通信速度が速いから
h3:理由③:容量に制限がないから
h3:理由④:日本全国どこでも対応しているから

 

ちょっとの違いですが
この方が読みやすくないですか?

 

こんな風に"小見出しが統一されていない"
ブログ記事をよく見かけます。

 

でもこれって
単純な"注意力"の問題ですよね。

 

知っていて意識してれば出来るはず。

 

難しいスキルとか不要なので
ぜひあなたも意識して欲しいなって思います。

 

形は違うけど
同じような内容が当てはまる見出し
あなたの記事にもきっとあるはずなので。

 

今回の内容は言語化するのが
難しいのですが

"小見出しの品詞・表現を合わせる"

と僕は呼んでいます。

 

記事本文は読まれにくいけど
ほとんどの訪問者が
見出しには目を通します。

 

それだけ気を使って
記事を書いていきたいですよね

この記事に関連する記事一覧

トラックバックURL: 
運営者プロフィール

タケウチ

タケウチ

当サイトを運営しているタケウチです。 2009年からブログ・サイトアフィリエイトを始め1000以上のサイトを作成。 SEOのみで最高月収700万円達成。 ブロガーさん向けのオンラインスクールを運営中。

ブログランキング
最近の投稿
カテゴリー